Call US - 214 - 2547 - 142

Author Archives: reform7

Post Image

遺品整理はいつからどうするのがいいのか分からない

遺品整理 人生で何度もあるわけではない遺品整理。 遺品整理って言葉は今では誰でも知っている言葉になってきましたが、 実際にどんなことをするのか分かりにくいですよね。 故人が残してくれた色々な遺品を整理することは思い出もありなかなか整理できないのではないでしょうか。 葬儀も終わり今で1年半ほど経っていますが、親の家に行ったときにふと思い出し結局手つかずで実際に私も親の遺品を整理することにかなり抵抗があり今でもなかなか進まずにいる張本人です。 しかし思い出に浸る期間が長ければ長いほど手を付けにくくなっていくのも事実です。 親であったり祖父母であったりと遺品整理を行わないといけないことが出てくる年頃にはある程度の知識だけはつけておかなければいざというときに焦ってしまいます。 これから遺品整理に取り掛かるためにどうするかまとめていくので参考になればと思います。 遺品整理と生前整理 遺品整理と反対に生前整理は故人が亡くなる前に覚悟を決めたときにおこなってくれるので助かる部分も多くありますが、それをしているところを見ている残される家族は心苦しくて本当につらいものです。私の場合は家族、兄弟に事前に使えるものは分けてもらっていたのですが、亡くなってからでないとできない手続きなどを残してほとんどのことを済ませてくれていました。 しかし、実際に残った私物の遺品は多くありそれらの整理が遺品整理になります。 そこには家族にしか分からない小さくても大きな思い出が詰まっており、思い出せば手が付けることはできないという同じ境遇の方も多いのではないでしょうか。 遺品整理はいつから?2つやり方・方法 遺品整理においては2つの方法が存在するので紹介していきます。 自分でする 遺品整理を行う上で一番重要なのはこの2つの選択肢の上でどっちでするのかになってきます。 私も含めてほとんどの方がまずは自分でしようと思って取り掛かるのですが、前途に書いたように遺品の仕分け作業中に手に取った遺品の思い出に浸ってしまい全然手つかずで終わってしまうというのがほとんどのようです。ずっと一緒に過ごしてきた家族なのでそうなるのも仕方ないことだと思います。 遺品整理業者にお願いする あまりに手つかずでいることもいつまでも思い出に浸ることが大事なのかという考えもありますが、本人にしか分からないことです。いつでも思い出に浸ることができることに心が休まることもあるので早くしないといけないというのは本人が選ぶ選択肢になります。 しかし故人はもしかすると前を向いて進んでもらうことを望んでいるのかもしれないということも考えられます。でも自分ですると毎回進まないということもあるので、その時はプロの遺品整理士が在籍する専門業者にお願いするという方法も選択肢として存在します。 遺品整理の専門業者は慣れていることもあり、素早く整理していってもらえます。 気持ちも組んでもらえる遺品整理士が思い出に浸るもの、そうでないものを整理してもらうことでお別れするもの、置いておくものをしっかりと選定してもらうことで片付いていきます。 関西遺品整理センター 処分するか迷うときはどうする? 必ず整理処分するかどうするか迷う遺品が出てきます。 この時は無理して整理しなくて大丈夫です。決断できたときに供養してもらえばいいので問題ありません。家族にしか分からない思い入れというのも存在していますので。 まとめ 遺品整理は家の物の整理だけでなく心の整理にもなります。思い出を入れる引き出しを整理するということでもあり故人のことを思い出したり、家族で話すときにすぐに引き出しから出せるようにするために遺品も整理するというように考えると進めやすくなるのがこれを書きながらさらに分かってきた気がします。思い出を自分の中のグチャグチャの引き出しにしまうのではなく綺麗にいつでも出せる形でしまっておくことを故人も望んでいると思います。、 おすすめ 遺品整理は神戸の相場屋
Read More

初心者でも楽しめる乗馬は人気のスポーツ

世の中には数多くのスポーツが存在しており各々に熱心に興じる方々が居ますが、近年体力や年齢に左右されず生涯を通して楽しむ事ができるスポーツとして乗馬の人気が高まっています。 これまでは乗馬と言えば高貴なスポーツであり一般的に敷居が高く感じられていましたが、今日では乗馬スクールの開校が相次いでいますし地域で行われるイベント事で乗馬体験を催すといった環境が整備されるようになってきているので、以前よりも身近に感じるきっかけが増えています。 そのような乗馬が他の数あるスポーツとは一線を画するのは、興じる際に馬という生き物と足取りを合わせていく様子です。 メジャーな競技はもちろん、マイナーな競技を含めて見渡しても他に生き物と共に行う競技は乗馬以外には無いと言っても過言ではありません。 そのため、当然の事ながら馬は一般的なスポーツのように好成績を出すための道具ではなく、パートナーという事になりまさに人馬一体となって好成績を目指して奮闘していく事になります。 そうした乗馬が著しく一般的な人々にとって身近になってきているのは、やはり生き物と触れ合いながら楽しむという様子が大きく関与しており、他のスポーツに比べ競技者の心に与える影響も優れているという結果が示されています。 馬は古来より人間と密接な関係を築いてきた動物なので、人間に対して大変実直で素直な様子で寄り添ってくれるため、そういった様子に触れると気持ちが温かくなりリラックス効果が得られ心理的な負担が軽減されます。 リラックス効果により多忙を極める現代人が悩まされている心理的負担を軽減できるので、アニマルセラピーとして乗馬を役立てている治療方法も確立されているほどです。 もちろん、アクティブに動く馬の上で手綱を握り導く乗り手は頭の先から足の先まで全身の筋肉をまんべんなく使うので、筋組織の発達とコアが鍛えられれっきとしたスポーツとしての恩恵も得られます。 参考→競技会、外乗で必要な乗馬ライセンスの紹介
Read More