Call US - 214 - 2547 - 142

Home » 遺品整理 » 遺品整理はいつからどうするのがいいのか分からない

遺品整理はいつからどうするのがいいのか分からない

遺品整理

遺品整理

人生で何度もあるわけではない遺品整理。

遺品整理って言葉は今では誰でも知っている言葉になってきましたが、
実際にどんなことをするのか分かりにくいですよね。
故人が残してくれた色々な遺品を整理することは思い出もありなかなか整理できないのではないでしょうか。
葬儀も終わり今で1年半ほど経っていますが、親の家に行ったときにふと思い出し結局手つかずで実際に私も親の遺品を整理することにかなり抵抗があり今でもなかなか進まずにいる張本人です。
しかし思い出に浸る期間が長ければ長いほど手を付けにくくなっていくのも事実です。
親であったり祖父母であったりと遺品整理を行わないといけないことが出てくる年頃にはある程度の知識だけはつけておかなければいざというときに焦ってしまいます。

これから遺品整理に取り掛かるためにどうするかまとめていくので参考になればと思います。

遺品整理と生前整理

遺品整理と反対に生前整理は故人が亡くなる前に覚悟を決めたときにおこなってくれるので助かる部分も多くありますが、それをしているところを見ている残される家族は心苦しくて本当につらいものです。私の場合は家族、兄弟に事前に使えるものは分けてもらっていたのですが、亡くなってからでないとできない手続きなどを残してほとんどのことを済ませてくれていました。
しかし、実際に残った私物の遺品は多くありそれらの整理が遺品整理になります。
そこには家族にしか分からない小さくても大きな思い出が詰まっており、思い出せば手が付けることはできないという同じ境遇の方も多いのではないでしょうか。

遺品整理はいつから?2つやり方・方法

遺品整理においては2つの方法が存在するので紹介していきます。

自分でする

遺品整理を行う上で一番重要なのはこの2つの選択肢の上でどっちでするのかになってきます。
私も含めてほとんどの方がまずは自分でしようと思って取り掛かるのですが、前途に書いたように遺品の仕分け作業中に手に取った遺品の思い出に浸ってしまい全然手つかずで終わってしまうというのがほとんどのようです。ずっと一緒に過ごしてきた家族なのでそうなるのも仕方ないことだと思います。

遺品整理業者にお願いする

あまりに手つかずでいることもいつまでも思い出に浸ることが大事なのかという考えもありますが、本人にしか分からないことです。いつでも思い出に浸ることができることに心が休まることもあるので早くしないといけないというのは本人が選ぶ選択肢になります。
しかし故人はもしかすると前を向いて進んでもらうことを望んでいるのかもしれないということも考えられます。でも自分ですると毎回進まないということもあるので、その時はプロの遺品整理士が在籍する専門業者にお願いするという方法も選択肢として存在します。

遺品整理の専門業者は慣れていることもあり、素早く整理していってもらえます。
気持ちも組んでもらえる遺品整理士が思い出に浸るもの、そうでないものを整理してもらうことでお別れするもの、置いておくものをしっかりと選定してもらうことで片付いていきます。

関西遺品整理センター

処分するか迷うときはどうする?

必ず整理処分するかどうするか迷う遺品が出てきます。
この時は無理して整理しなくて大丈夫です。決断できたときに供養してもらえばいいので問題ありません。家族にしか分からない思い入れというのも存在していますので。

まとめ

遺品整理は家の物の整理だけでなく心の整理にもなります。思い出を入れる引き出しを整理するということでもあり故人のことを思い出したり、家族で話すときにすぐに引き出しから出せるようにするために遺品も整理するというように考えると進めやすくなるのがこれを書きながらさらに分かってきた気がします。思い出を自分の中のグチャグチャの引き出しにしまうのではなく綺麗にいつでも出せる形でしまっておくことを故人も望んでいると思います。、

おすすめ 遺品整理は神戸の相場屋

Comments are closed.